スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TraktorのRemixDeckでパッドを叩く強さで音量をコントロールする方法

「はじめに」

今回は、先日"DJTechTools"で公開されたこちらの記事に書いてある
"Velocity Sensitive Control of FX + Remix Decks in Traktor"

「パッドを叩く強さでRemixDeckの音量をコントロールする」

が、実際にその通りに動作するか確認しました。
結果、記事にある通り、音量のコントロールができました! (さすがDJTechTools!)



「対応しているMIDIコン」

これはTraktorのマッピングで"Slot Volume Adjust"という値に、叩いた時の力の強さを毎回送ってやればいいのですが、パッドがベロシティ(強さを数値に変換して送出する機能)に対応していない機種では、マッピング出来ません。

具体的には、
・NI Kontrol F1
・Novation Launchpad
あたりではベロシティを送ってくれません。

・AKAI MPX8
・NI MASCHINE
・KORG nanoPAD2
あたりは(実際に使ったことは無いのですが)商品説明で調べた限りでは大丈夫だと思います。

うちにある機材の中では、KORG microKontrolが対応していたので、これを使いました。


「設定箇所」

1個のパッドに対するマッピングで

・"Slot Volume Adjust"
・"Slot n1 Cell n2 Trigger"

の2個を、この順番で追加します。これだけです。

Velocity1.jpg


パラメータの詳細はこのようにします。

・"Slot Volume Adjust"
Velocity2.jpg


・"Slot n1 Cell n2 Trigger"
Velocity3.jpg


ノート・オンのタイミングでベロシティに応じた音量でセルの音が再生され、
ノート・オフのタイミングでベロシティがゼロになります。


各セルで、

Velocity5.jpg


"Play Type"(黄色い矢印の箇所)は"One-Shot"にしましょう。
"Trigger Type"(赤い矢印の箇所)は"Latch"か"Gate"、お好みで。


要注意点として、
"Preferences"→"Transport"→"Cue Play(CUP) Mode"
が"Instant"でなく"On Release"になっていると、音が上手く出ません。

Velocity4.jpg


パッドを叩いた瞬間でなく、叩いた指を離す瞬間に音を出すという設定になってしまうためです。ここが分からず、かなり時間を無駄にしてしまいました。



「その他」

ループ素材がパッドを叩く強さで音量が変わると、すごく使いづらくなってしまいます。
DJTechToolsの元記事の様にModifierで「ベロシティを使用するモード」と「使用しないモード」の切り替えボタンを作ってやって、使い分けたほうがいいと思います。

おそらく将来的にはTraktor本体が機能強化して、RemixDeckにベロシティが付けられるんじゃないかと思うので、今回のエントリーは過渡的な情報になると思います。

それでも、これ自体かなり簡単に出来ますので、興味を持った方はぜひご自分で試してみて頂きたいです。
特にMPCなどでのフィンガー・ドラミングを得意とする方は、DJプレイ中にこれをやったら相当目立つ!と思いますよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PCDJinfoJP

Author:PCDJinfoJP
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。