スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCDJカンファレンス vol.3 議事録

「@PCDJ_info_JP / PCDJ情報(日本)& 島村楽器イオンモール札幌平岡店 Presents PCDJカンファレンス vol.3」


日時:2012/07/01(日) 16:00~18:20
場所:島村楽器 イオンモール札幌平岡店 スタジオ


・開会のあいさつ


第1部 PCDJのためのPA講座

○一般的なクラブまたはライブハウス位の規模でのPA機器の構成例

PAフロー


およびホームページで機材リストを公開しているお店の事例を元に。
[ http://www.mole-sapporo.jp/sound.html ]
※こちらのページの「PDFでのダウンロード」

[ http://colony6.p1.bindsite.jp/inf/kiz.html ]
※こちらのページの「詳しい機材リストはこちら」

○各機材の機能・役割を簡単に説明。
・PAミキサー
・グラフィック・イコライザー
・コンプレッサー
・チャンネル・ディバイダー
・パワーアンプ
・スピーカー
・ディレイ、リバーブ、マルチエフェクター。


○DJとして出演する上での実践的な注意事項を何例か。
 PA機器で操作してもOKな箇所を予め確認してから操作する(お店のPAオペレーターさんとの意思疎通)、
 機材を抜き差しする際は必ず音量(ゲインのツマミやフェーダー)を最小(-∞)の位置に下げる、など。

○スタジオ内に設置のPAミキサーを囲んで、実際に操作を行いながらPAミキサーの機能・使い方の説明。
→各ツマミにどんな機能が割り当てられているか、AUXやエフェクトの使い方など。

○DJ交代時のPAミキサーへの端子の抜き差しと、PAミキサーの操作の実演。
(参加者の方にやっていただきました。ご協力ありがとうございました。)

○その他
 ケーブルや端子の種類、用語の説明。
 質疑応答。




第2部 PCDJのための高音質のポイント


聞き比べの前に理論や「高音質」というものについての考え方(PCDJ独自の視点)について理論的な話を少々。


○高音質とはどういう状態の事を言うのか定義が無く、良いと感じる音には個人差も相当あるが、高音質を目指す上で正しい方向性は確実にある。

○「どの要因」で「どの程度」音が良くなるかを確認していく事が必要。

○音が良くない状態から どこかを変えて 音が良くなった。
 では、変えた箇所を元に戻す → 音が良くない状態 に戻るか?
 再度変える → 前回と同程度音が良くなったと感じるか?
 という試行錯誤の積み重ねが必要。

○どこにどんなバランスでお金や時間を費やしていくか。
 → 何を重視するか、音質の好みも含めて考え方は人それぞれだと思うが、今日感じた 事から参加者の方がそれぞれまた試行錯誤して、ご自身で判断して積み重ねていって頂きたい。

○DJプレイではオリジナルの状態からテンポを変える事が多い(キーロック/マスターテンポを使うか使わないかも音質については大きな要因)ので、ピュアオーディオ的な音質評価とは論点はかなり異なる。これも全体の要因の中でどの程度の要因か。また、DJソフトはバージョンアップして新しくなるほど音質は良くなっている。

○音質にこだわりすぎるより、持ち時間をノートラブルで過ごす方に気を配る事も大事では。
 → 圧縮音源を使うとシステムへの負荷(不安要素)は大幅に減少する、購入や扱いの利便性が高いなど、一定の妥当性はある(これも考え方は人それぞれ。)


実際に音を出してみて聞き比べ。

1. オリジナルのWAVファイルと、MP3でビットレートを変えたもの(128k, 192k, 320k)でどの程度違うか。

※圧縮すると劣化しやすい音のサンプルは以下のページに多数あります。(MP3やAACなどの)プログラムの開発者の方は、これらを元に内部の細かいチューニングを行っているそうです。当日は、この中から"fatboy", "castanets"という音を使いました。
http://lame.sourceforge.net/quality.php

2. DJソフト(Traktor PRO 2.5)でキーロック(マスターテンポ)した状態でテンポを変更。その場合の音質とオリジナル(テンポを変えない場合)とを聞き比べ。

3. リマスターしている曲としていない曲で、どの程度の差があるか聞き比べ。
※ここの聞き比べには「山下達郎 / Melodies」から「悲しみのJODY」を使用しました。他に「Steely Dan」、「S.O.S Band」、「Mr. Fingers」などを用意していました。
リマスターされていないCD音源と、リマスターされて再発されたものを圧縮音源で購入した場合とではどちらが音質が良いのか?という検証は今後もしばらくの間必要になってくると思います。

4. DJソフトの違いで、どの程度音質に差があるか聞き比べ。
※残り時間があまりなかったため、TraktorとAbleton Live("WARP"をかけなかった場合とかけた場合)のみで聞き比べを行いました。

5. USBケーブルを変えてどの程度音質が変化するか、聞き比べ。
※USBケーブルの聞き比べでは、オヤイデさんからお借りしたケーブル4種(最高級品のContinental 5Sを含む)の他に、参加者の方からも複数のケーブルをご提供頂き、非常に興味深い結果が得られました。ありがとうございました。

※1~5では"GTS / Through The Fire(Uplifting Anthem)"を使用しました。音がとても良く、また聞き比べのポイントとしてバスドラの音圧の入り具合、トライアングルやシンバルなど、音の変化が判別しやすい箇所が多くあったためです。

その他、今回準備したが時間が足りなくて消化できなかった項目。
○オーディオI/F(普及価格帯と高級価格帯)による違い。
○オーディオI/Fからの出力形式(サンプリング周波数、ビット数)による違い
○DAWソフトで高品質なEQやマキシマイザーなどを使うと、どの程度補正できるか。
○DJソフトの操作(EQ, ゲインのバランス)でどの程度まで補正が可能か。


「所感」
PAの話は予定していた通りの基本的な事項はお伝えできたのではないかと思います。関係者間で必要な機材や段取りなどの確認・連絡を十分にしておけば、PAトラブルの多くが未然に防げると思います。

「聞き比べ」用の素材は、違いが非常にわかりやすい例を準備したつもりだったのですが、家で聞いた時とスタジオでその場で聞き比べた際の印象がかなり違っていて、話の展開に結構苦労しました(スタジオのPAを通すと、違いがわかりづらくなっていました)。
1つの項目の聞き比べに予想より大幅に時間がかかり未消化の項目が多くなってしまいました運営サイドとして大いに反省しています。
それでも、何項目かは多くの参加者の方に想定通りに違いをわかって頂いたようで良かったです。


スポンサーサイト

PCDJカンファレンス Vol. 3 開催要領

   @PCDJ_info_JP/PCDJ情報(日本)&
島村楽器イオンモール札幌平岡店プレゼンツ PCDJカンファレンス Vol. 3 
~より良いPCDJ環境に向けて、情報の集積と共有~  」

下記の要領で、PCDJユーザーの情報交換のための集いを開催いたします。是非ご参加下さい。

日時:   2012年 7月 1日(日) 午後4時 ~ 午後6時

場所:   島村楽器 イオンモール札幌平岡店 スタジオ

定員:   15名(先着)

参加費用: 無料

参加方法: 
   (1) 島村楽器イオンモール札幌平岡店・店頭もしくはお電話(011-889-5120)にてお申し込み下さい。
   (2) Twitterのアカウントをお持ちの方は、@PCDJ_info_JP 宛てに参加ご希望のメッセージをお送り下さい。


テーマ:
第1部 PCDJのためのPA講座
PA機器の一般的な構成と各機器の機能の解説。PAミキサーの操作方法の解説(実技ありです!)など。


第2部 PCDJのための高音質のポイント
機材やファイル形式などで音質がどの程度変わるのか?
音質に影響するポイントを実際に聞き比べながら検証します。




PCDJカンファレンス vol.2 議事録

「@PCDJ_info_JP / PCDJ情報(日本)& 島村楽器札幌パルコ店 Presents PCDJカンファレンス vol.2」

日時:2012/03/18(日) 16:00~18:20
場所:島村楽器 札幌パルコ店 6階スタジオ

○開会のあいさつ

○ここ2ヶ月間に起きたPCDJ界隈の出来事のおさらい
・各社の新製品
・各社相次いで値下げ
・iTunes Storeの大きな変化(全曲が256k/Non DRM化→PCDJソフトでそのまま使える。購入したファイルがクラウド化される)
・個人的に調べた便利な使い方・不具合
など。



第1部 「MASCHINE & TRAKTORデモンストレーション」

Native Instruments社製品の国内代理店、ディリゲント社の方によるデモンストレーション。


「MASCHINEの機能解説とデモ」

○フレーズをその場で作り込みながら機能と操作方法の解説
 ・ドラムのパターンの打ち込み
 ・ベース(音階がある楽器)の打ち込み
 ・シンセサイザーのフレーズの打ち込み
 ・VSTプラグインの使用。Rob Papen-SubBoomBass、NI MASSIVEを使用しデモ。
  → VSTプラグインのパラメータにMASCHINE・コントローラのツマミのアサインが、自動的に行われる。

○エフェクトの掛け方の解説
 ・トラックに掛ける場合
 ・全体(マスター)に掛ける場合


「TRAKTORとの連携、解説とデモ」

○MIDI SYNCの設定を操作し解説
○TRAKTOR(マスター)、MASCHINE(スレーブ)で両方の音を出すデモ
 →TRAKTORとMASCHINEとをSYNCさせることにより、格段に柔軟な音を出せる様になる。


「質疑応答」

Q: MASCHINE側はスレーブ動作時、マスターのテンポに合わせてタイムストレッチされるか(ヴォーカル素材など)?
 A: されない。欲しいという声が多いので、開発元には以前から要請している。

Q: MASCHINEとTRAKTORをPC1台で同時に使う場合、オーディオのルーティングはどのように行っているか?
 A: オーディオI/Fで違うポートを使い分ける、もしくは内部的にミックスするツールを使う必要がある。

Q: 打ち込んだパターンにクォンタイズをかける時に、グルーヴテンプレートの様な機能はあるか?
 A: 現状無いが、これも以前から要望が多い機能である。




第2部 「より良いPCDJ環境に向けて、意見交換会」


以降、議事録内において発言者は、
一般の参加者の方  → 般
ディリゲント社の方 → ディ
※ディリゲント社からはお2人お越し頂きましたが、便宜上、議事録内では分けずに記述いたします。
司会者(島村楽器・店長)    → 司1
司会者(PCDJ情報・管理人)  → 司2
と表記します。


PCDJ vol2資料1
(画像をクリックすると、別ウィンドウに大きい画像が表示されます)



司2:
普段DJソフトを使っていて情報不足やバグで困ることがあるが、情報の流通を今より活性化することで多くは解決するのではないか。
しかし、この図の様にユーザー、販売店、代理店、メーカーとそれぞれ立場・役割は異なるし、メーカーは日本には無いので改善が難しいこともあると思う。
1ユーザーの立場ではその辺りが見えない(もう少し誰かがアクションを起こせば改善できるのか、構造的にできないのかがわからない)が、今回の集まりで明確化出来ればと思う。
わからない事や不具合があった時に、現状は誰がどういうルートで情報を伝える体制になっているのか代理店の方にお聞きしたい。



司2:
まず取っ掛かりとして、最近発生して解決した事例で
"File名 could NOT be played due to a missing or corrupt file, unsupported format or DRM-protection."

司1:
このメッセージが出た際に、
ユーザーから販売店に問い合わせ。
店頭で考えられる事をいろいろやってみたが、解決せず。
代理店に問い合わせ。
QickTimeがインストールされていない場合に、このメッセージが出る事があるという返事を得てQickTimeのインストールで解決。

司2:
解決はしたが、このエラーメッセージは不親切ではないか。ユーザーが具体的にどうすれば直るかが分かり辛い。
この例では"QuickTimeがインストールされていないか正しく動作していないため、このファイルを再生できません"がエラーメッセージとしては妥当ではないか。
これを改善しようとする場合、代理店とメーカーの役割分担を教えてもらえないか。

ディ:
エラーメッセージは確かに分かり辛い。メーカーにその旨伝える。
体制面では、ユーザー → 代理店のサポート → メーカーのユーザーサポート部門へ連絡という順になっている。
日本の代理店が出来るのはここまで。その先はメーカーが判断している。

ディ:
バグ修正や機能強化の要望は世界中から集まり、メーカー内で優先順位を付けて作業をすすめている。
日本からもメーカーのサポートへ直接声を上げていったほうが良い。声が多いければメーカーも動きやすいだろうと考えられる。



司2:
ネットの情報は情報量としては多いがバラバラに存在しているため、欲しい情報にたどり着くのが困難。リンク集やサポート掲示板のようなサイトがあれば便利ではないか。

ディ:
代理店側でそのようなサイトの構築・管理は困難。
代理店のサイトにNIの記事の和訳やFAQがあり、内容も随時更新しているので活用して欲しい。

司2:
カンファレンス運営サイドで、ブログでなく誰でも編集できるwiki方式のサイトを近日中に作って公開する。

司1、ディ:
販売店・代理店も、その様な仕組みが出来れば内容の充実に向けて協力する。



司2:
各メーカーの掲示板にもかなり役に立つ情報があるが、英語が主体なため日本人には不利。月刊程度でホットな話題を抽出。和訳してメールマガシンで配布するような情報流通の方法はどうか?

全員:
そういう仕組みがあれば便利だと思うが、具体的な方法は今後に向けての課題。



「質疑応答」

般:
音トビが発生するが、レイテンシーの値などPCの設定はどこをどうすればいいか?

ディ:
ある程度高スペックな環境は必要。

司2:
この問題はネット上でかなり頻繁に目にする。NIのサイトに英語では記載されているが、日本語化されていない。

司1、司2:
予定時間を過ぎていたこともあり、カンファレンス運営サイドで預かって継続調査する。


般:
オーディオI/Fのサンプリングレートが44.1kと96kではどの程度音質が違うか?負荷はどうか?

ディ:
音質はかなり変わると思うが、実際に聞き比べて判断願いたい。安定性も個別の事例で変わるので各自で判断願いたい。



「所感」
来て頂いた皆様、来れないけれど注目している皆様が何を期待しているのか想像しつつ、司会者自身が聞きたい事も多く、しかし時間が限られていたので司会・進行は非常に難しかったです。
それでも今回の集まりで、現状認識と改善すべき箇所の方向性は、参加者間で、ある程度共有出来たのではないかと思います。

お越し頂いた皆様、ご協力頂いた皆様、Twitterやクラブイベントなどでもご支援頂いている皆様ありがとうございました。


次回(第3回)は、開催場所が島村楽器・札幌平岡店に変更になります。
5月の連休明けに開催の予定です。


内容は今の所、
・DJのためのPA講座(実技あり)
・DJのための高音質のツボ
あたりにする予定です。

また、決まり次第お知らせいたします。


PCDJカンファレンス Vol. 2 開催要領

「 @PCDJ_info_JP / PCDJ情報(日本) & 島村楽器札幌パルコ店 プレゼンツ PCDJカンファレンス Vol. 2 ~より良いPCDJ環境に向けて、情報の集積と共有~ 」


下記の要領で、PCDJユーザーの情報交換のための集いを開催いたします。是非ご参加下さい。

日時:   2012年3月18日(日) 午後4時 ~ 午後6時

場所:   島村楽器 札幌パルコ店 6階 スタジオ

定員:   25名(先着)

参加費用: 無料

参加方法: Twitterで、 @PCDJ_info_JP 宛てに「PCDJカンファレンス参加希望」という返信もしくはダイレクトメッセージをお送りください。折り返し受付番号を発行致します。受付番号の発行をもって受付完了です。

※Twitterアカウントをお持ちでない、ご友人・知人が参加希望の場合、 @PCDJ_info_JP までご相談ください。また予約受付後に、ご都合が悪くなった場合、事前にご一報頂く様お願いします。

[3/9 変更]
※島村楽器札幌パルコ店・店頭もしくはお電話での受付は、準備が整い次第開始します。もう少しお待ちください。

※島村楽器札幌パルコ店・店頭およびお電話(011-214-2391)でも受付を開始いたしました。


テーマ:

第1部 「株式会社ディリゲント取り扱い製品デモとQ&A大会」

株式会社ディリゲントから講師の方をお招きして、

・Traktor, Maschineなど最新製品のデモンストレーションとプレゼンテーション。
・株式会社ディリゲント・取り扱い製品に関するQ&A大会。


第2部 「より良いPCDJ環境に向けて、意見交換会」

・普段使っていて、不満な事や不便に感じる事。製品そのもの(こういう機能が欲しいなど)、流通形態、サポート体制、ユーザー間の情報交換など、現状どうなっているか。
・それに対して、誰が何をすれば改善されるか?を意見交換。

 例えば、
  (1) PCDJ情報のリンク集の様なサイトがあれば便利
   (ネットの情報はバラバラに存在していて、調べるのに時間がかかる)

  (2)ある程度、返事が期待できるサポート掲示板が欲しい
   (設定やトラブル実例の共有化、データベース化)

  (3)バグ報告の手順を簡略化して欲しい(バグを見つけても、メーカーへ報告する作業自体が難しく、時間がかかる)

※ユーザー、販売店、代理店、メーカーとそれぞれ役割があり、出来る事と、やりたくても(ポジションが違うため)出来ないことがある、という前提がまずあります。今回は代理店の方が参加しますので、改善可能な事を何点か明確にして、具体的なアクションを起こしていきたいと思います。


・その他、次回開催内容の要望のヒアリングなど。




PCDJカンファレンス vol.1 議事録

「@PCDJ_info_JP / PCDJ情報(日本)& 島村楽器札幌パルコ店 Presents PCDJカンファレンス vol.1」

日時:2012/01/21(土) 16:00~18:30
場所:島村楽器札幌パルコ店6階スタジオ


第1部 「PCDJの現状分析と最新機器の動向 2012版」

この集まりの開催に至る経緯を簡単に。
司会者の自己紹介を兼ねてDJ歴と、現在のPCDJに至る使用機材の変遷。

来場者の皆さんからも使用機材、使用OSなどをうかがいながら、

・90年代~現在へ。レコードDJのみの時期→CDJの普及→PCDJの普及。実体験をベースに機材や現場の状況の変化。

・PCDJの特性(レコードDJ、CDJに対して)。便利な点。不便な点。確かに便利な事は多いが、アップデートの度にお金がかかる、製品サイクルが早いなど。

・CDJ、PCDJへの移行・普及の背景(機材だけでなく、パソコン・CD-Rの普及、曲の流通形態やネット環境の変化などの外的要因について)。

・各社の最新DJ機器の傾向、機材選びのポイント。外(お店)で使用する場合に考慮すべき点、起こりやすいトラブル事例、失敗談など。

休憩をはさんで。


第2部「MIDIの規格とDJコントローラーについて 初級編」

・資料に従って、実際の操作を交えて解説。

[資料(パワーポイント) 11枚]
(画像の右側が切れて表示される場合は、画像の上でマウスをクリックして、別ウィンドウに表示させてください)



PCDJ_Vol1_資料_MIDI_01

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_02

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_03

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_04

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_05

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_06

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_07

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_08

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_09

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_10

PCDJ_Vol1_資料_MIDI_11


※時間が足りなくなり、10ページ目の"modifier"以降は解説できませんでした。Traktorの設定の解説についてはアンケートでも多数要望を頂きましたので、近いうちに独立したテーマとして開催したいと思っています。


・質疑応答。音質について。ファイルの管理の方法について。この辺りも後日独立したテーマとして取り上げる予定。

・ノベルティ品のプレゼント大会、参加者の方の主催・出演イベントの告知。


来場者の皆さんと活発な質疑応答が出来て、大変有意義な時間が過ごせました。また、笑いが絶えずとても良い雰囲気で進行できました。
お忙しい中ご来場頂いた皆様、開催にご協力頂いた関係者の皆様には改めて感謝いたします。
アンケートにもご協力頂きありがとうございました。今後の開催内容の検討の際に、活用していきたいと思います。


第2回目、3/18(日)に開催します。
詳細決まり次第、また発表いたします。


プロフィール

PCDJinfoJP

Author:PCDJinfoJP
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。